【警報】頭皮が赤いしかゆいし痛い!2つの原因から分かる解決法紹介

【警報】頭皮が赤いしかゆいし痛い!2つの原因から分かる解決法紹介

何だか最近、

”頭皮が赤いしかゆいし痛いな”

こんな症状が出ているあなたは、頭皮に異常が起きているかもしれません。

頭皮って自分でなかなか見る事が無いので、

  • 何だか少しかゆいな
  • 少しヒリヒリ痛いな

なんて思って頭皮を見た時に、赤くなっていたりする事に気が付くって事がほとんどではないかと思います。

頭皮の炎症って不安ですよね…。

私も同じような悩みを抱えていたんですが、頭皮が赤くなったりフケが発生したり、もしかしてこのままじゃ髪が薄くなってハゲるんじゃないか?

なんて大袈裟かもしれませんが、嫌な事を考えてしまった事もありました。

流石にヒリヒリ痛くなった時は、ヤバいなって思いました。

でも私なりに色々調べたり試したりして必死に情報をかき集め、今現在は頭皮に悩みがない状態に回復しています。

流石にそのまま放置した事が原因で、薄毛やハゲにはなりたく無かったですね^^;

こんな私と同様に、

頭皮が今現在赤くてなんらかの症状が出て悩んでいる方向けに、今回は記事を書いてみます。

テーマーとしては、

  1. 頭皮が赤い原因
  2. 解決法

この2つについて詳しく紹介していきます。

<スポンサーリンク>







頭皮が赤い原因

頭皮がかゆかったり痛かったりすると、何をしていても気になるし一日が不快に終わりストレスを感じますよね…。

私は毎日がストレスでした。

頭皮が赤い状態をそのまま放置してしまうのは、フケや抜け毛、しまいには薄毛やハゲに繋がってしまう可能性があるので、放置するのは止めて下さい。

では、頭皮が赤い原因って一体なんなのか?

まずはこの部分について説明しますが、原因を知る事が一番大事な鍵となります。

頭皮が赤い原因には、2つの事がまず考えられます。

  1. 炎症
  2. 血行不良

それぞれについて詳しく説明していきますね。

炎症



炎症



まずは、頭皮が赤い原因の1つ【炎症】について。

炎症が起きてしまう原因には、様々ありますが主に外部からの頭皮への刺激が多いとされています。

刺激の種類としては、

  1. 紫外線が影響
  2. シャンプーに含まれる成分が影響
  3. パーマ液やカラーリング液が影響

など

わりと聞いたことがあるなって部分ではないでしょうか。

1.紫外線が影響

頭皮って顔に比べて2倍以上の紫外線量を浴びるって知っていますか?

もし夏場の暑い時期に紫外線を頭皮が長く浴びてしまうと、日焼けを起こしてしまい頭皮が赤くなったり乾燥してしまったりします。

そうすると、頭皮にかゆみなどの異常が発生する事があります。

2.シャンプーに含まれる成分が影響

「シャンプーを変えてから、頭皮が赤くなったりかゆいと感じるようになった」

このように感じているあなたは、使用しているシャンプーが頭皮にあっていない可能性があります。

中でも、アルコール系シャンプーを使っている方は要注意ですよ!

もし、使っているシャンプーがアルコール系シャンプーなのか分からなければ、成分名を見てみて下さい。

アルコール系シャンプーでよく見かける成分名を言うと、

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸アンモニウム

など

~硫酸と記載されていれば、アルコール系だなって思って下さい。

アルコール系シャンプーは、価格が安く魅力的なんですが洗浄力が強いので必要以上に頭皮の皮脂を洗い流してしまいます。

そうすると、外部からの刺激を受け易くなり頭皮が乾燥してフケやかゆみが伴ったりしてしまいます。

3.パーマ液やカラーリング液が影響

パーマやカラーリングをした後って頭皮がかゆいな痛いなって感じる事はないですか?

それって、使用している液が頭皮に影響を及ぼしている事がほとんど。

使用する液は強い薬剤を使用している為、やはり頭皮への負担がかなり大きっくなります。

その為、パーマやカラーリングをした後は、頭皮が炎症してかゆみや痛みを伴ってしまう事があります。

血行不良



血行不良



次に、頭皮が赤い原因のもう1つ【血行不良】について説明します。

なぜ頭皮が血行不良を起こしてしまうのかと言うと、それは

【生活習慣】

が主な原因と考えられています。

過度な食事や飲酒、喫煙、運動不足、肩こりや目の疲れなど乱れた私生活が起因して頭皮が赤い状態になってしまう事があります。

自分で思い当たる節は、ないでしょうか?

思い当たる節があるあなたは、生活習慣を見直す必要があります。

以上が、頭皮が赤い状態になってしまう2つの原因の説明となります。

あなたは、どの部分にあてはまりそうですか?

では次に、今説明してきたそれぞれの解決法について説明していきます。

<スポンサーリンク>







解決法



解決法



まずは【炎症】についてです。

先程炎症には、外部からの刺激3つが考えられるとお伝えしましたね。

 

  1. 紫外線が影響
  2. シャンプーに含まれる成分が影響
  3. パーマ液やカラーリング液が影響

 

では、それぞれの解決法を紹介します。

 

1.紫外線が影響

 

【豆知識】

紫外線について簡単に説明すると紫外線量が特に多くなる時期は、5~9月頃になります。

時間帯としては、10時~14時頃が紫外線量が多いとされています。

 

紫外線によって頭皮が炎症を起こさないようにする解決法は、4つです。

 

  1. 紫外線が多い時間帯は屋外に出るのを避ける。
  2. 日陰を利用する。
  3. 日傘や帽子をかぶる。
  4. UVカットスプレーをつける。

 

外で働いていれば、なかなか1~3を実行するのは難しい部分がありますね^^;

 

もし自分には無理だなって思われるあなたは、4.UVカットスプレーをつけるのが簡単で実行に移し易い解決法になります。

 



 

2.シャンプーに含まれる成分が影響

 

使っているシャンプーで頭皮が赤い状態になるって方は、先程も伝えましたがシャンプーがあっていないかもしれません。

特にアルコール系シャンプーを使っている方は、洗浄力が強いので必要以上に皮脂を洗い流してしまっています。

 

その為、シャンプーを変える事で頭皮の炎症を抑える事が出来る可能性があります。

 

ちなみに私の場合は、シャンプーを変えてみた事で炎症が治まりました。

シャンプー選ぶ時に考えるのは、肌に優しいシャンプーを選んであげる事。

 

肌に優しいシャンプーとして挙げられる種類は、

 

  • 無添加系シャンプー
  • 石鹸系シャンプー
  • ノンシリコン系シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー

 

などが挙げられます。

 

おススメとしては、アミノ酸系シャンプーですね。

私自身、アミノ酸系シャンプーを今も使っているんですが、上の4つの種類の中で一番頭皮に優しいシャンプーだと私は感じています。

 

頭皮に優しいシャンプーの選び方を詳しく知りたい方は、こちらの記事に詳しくまとめています。

頭皮の乾燥が気になる男性!最適シャンプーの選び方&厳選おすすめ品

 

3.パーマ液やカラーリング液が影響

 

パーマやカラーリングをした後に頭皮が赤い状態になってしまったって方は、赤みは一時的なものなので時間が立てば炎症は治まってきます。

 

もしまたパーマやカラーリングをする時には、是非担当の美容師さんに頭皮への負担が少ない薬剤を使ってもらえないか相談してみましょう!

デキる美容師さんは、あなたの髪の事を親身になって考えてくれます^^

 

血行不良

 

次は、【血行不良】についての解決法を説明します。

 

血行不良となる原因は、生活習慣で過度な食事や飲酒、喫煙、運動不足、肩こりや目の疲れなど乱れた私生活が起因して頭皮が赤い状態になってしまう事があると先程伝えましたね。

 

この血行不良の解決法としては、やはり私生活を見直す事が何よりの解決法です。

 

  • 適度な食事や飲酒
  • 禁煙
  • 適度な運動
  • パソコン、ゲーム、携帯など控える

など

 

まずは自分の今現状の生活を見直してみましょう!

 

まとめ

 

今回は、「頭皮が赤い原因と解決法」について説明してきました。

 

簡単にまとめると、

 

〇頭皮が赤い原因には、2つの事が考えられます。

①炎症を起こす

1)紫外線が影響

2)シャンプーに含まれる成分が影響

3)パーマ液やカラーリング液が影響

 

②私生活が影響で血行不良を起こす

 

〇炎症や血行不良の解決法は、以下になります。

①炎症

1)紫外線を頭皮が受けないようにする

2)シャンプーを変える

3)パーマやカラーリングする前に美容師さんと相談

 

②血行不良

自分の私生活を見直す

 

以上で、今回の記事の全てになりますが頭皮が赤くなる原因ってわりと自分で気を付けれる部分が沢山あります。

頭皮が赤い状態は、フケや抜け毛、しまいには薄毛やハゲに繋がってしまう事があるので、今回紹介した内容を少しでも参考にして頂ければ幸いです。

 

もし頭皮の赤みが改善しなかったり悪化するようであれば、お近くの皮膚科を受診してみて下さいね。

<スポンサーリンク>