髪の乾かし方男編!仕上がりが満足できる3つの手順とは?

髪の乾かし方男編!仕上がりが満足できる3つの手順とは?

よく、

乾かした後の仕上がりが、ボサボサでごわっとした感じになってしまう

って悩んでいる男の方がいますが、これって髪の乾かし方が悪い可能性があります。

シャンプー後の髪の乾かし方って人それぞれだけど、正しい乾かし方って知らない男の人が多いです。

むしろ男の方は、髪を乾かさない人だっています。

でも髪を乾かさないのは髪のダメージの原因なので、シャンプー後はしっかり髪を乾かしましょう。

では、ボサボサでごわっとならない髪の乾かし方って一体どんな方法があるのか?

そこで今回は、ドライヤーの仕上がりに悩みを抱えている男の方向けに記事を書いていきます!

テーマとしては、

①最適な髪の乾かす手順 

②各手順の具体的なやり方

この2つについて詳しく紹介していくので、本記事を読んで、最高の髪の仕上がりを手に入れて下さい^^

<スポンサーリンク>





最適な髪の乾かす手順



最適な乾かし方の手順


早速ですが、あなたは今までシャンプー後、どんな手順で髪を乾かしていましたか?

ほとんどの男の方は、こんな感じのパターンです。

 

  1. タオルドライ
  2. ドライヤーで乾かす

 

もし上記の乾かし方をしているなら、髪の毛がボサボサでごわっとした仕上がりになったり、更には髪にダメージを与えてしまったりしています。

 

しかし、先程の手順にワンポイント作業をプラスしてあげる事で、なんと思い通りにならなかった髪の毛が嘘のように思い通りに仕上がります!

 

最適な髪の乾かし方の手順は、これです。

 

  1. タオルドライをする
  2. ヘアオイルをつける
  3. ドライヤーで乾かす

 

そうなんです。

 

ヘアオイルを髪につけるだけで、髪の仕上がり変わります!

 

男でヘアオイルをつけるって変に感じるかもしれませんが、女性はほとんどの方がヘアオイルをつけています。

 

なぜ女性がヘアオイルをつけるのかと言うと、男性に比べて髪が長いので

 

①髪の毛がボサボサでごわっとした感じに仕上がる

②髪を乾かす時のドライヤーの熱で髪が傷んでしまう

 

って事が起きてしまうからです。

 

なので髪の毛がボサボサでごわっとした感じに仕上がってしまう男の方は、ヘアオイルをつける作業をプラスしましょう。

仕上がりが違います。

 

では次に、各手順の具体的なやり方を説明していきます。

<スポンサーリンク>





各手順の具体的なやり方



各手順の具体的なやり方


先程、シャンプー後の最適な髪の乾かし方は

  1. タオルドライをする
  2. ヘアオイルをつける
  3. ドライヤーで乾かす

だと伝えましたね。

それでは、各作業の具体的なやり方を説明していきます。

タオルドライをする

タオルドライとはタオルで髪を乾かす事を指しますが、割と男の方って髪をゴシゴシと拭いてしまう方多いかと思います。

でもゴシゴシ拭いてしまうと、髪の毛にダメージを与えてしまうのでこのやり方はNGなんです。

最適なタオルドライのやり方は、2つです!

①タオルを髪に被せ手の平全体でタオルを軽く押えて水分を染み込ませる

②指の腹を使ってマッサージするように優しく拭く

かなり簡単で髪にもダメージを与えない拭き方なので、是非実践してみて下さい!

そしてタオルドライのタオルに求めたいポイントは、3つです!

  1. 水分をしっかり吸収する
  2. 肌触りが気持ち良い
  3. 使いやすい

そこで私のおススメするタオルは、こちら。

マショマロのようなフワフワ素材が使っていてもとても気持ちよく、かなり使いやすい逸材のタオルになります^^

タオルドライのやり方は、こちらの動画で詳しく解説しているのでご覧下さい。






ヘアオイルをつける

 

タオルドライで水分をしっかり除去した後は、ヘアオイルをつけましょう。

男の方は、1~2滴ヘアオイルをプッシュしてつけるだけで十分です!

 

【効果的なヘアオイルのつけ方】

 

  1. 髪をクシでとかす
  2. 適量のヘアオイルを手の平に付ける
  3. まんべんなく手の平全体に伸ばす
  4. 髪全体にムラなく馴染ませる

 

ヘアオイルを付ける前は、しっかりクシで髪をとかしてから全体的にヘアオイルをつけましょう。クシで髪をとかす事で、まんべんなく髪にヘアオイルをつけ易くなります。

つけ方は、ヘアワックスを使うような感じでOKです。

 

【ダメなヘアオイルのつけ方】

 

・ヘアオイルを多量につける

 

ヘアオイルがいくら使い易いし髪に良いからと言って多量につけるのはダメですよ。笑

ヘアオイルって値段も高いし、つけ過ぎたら髪がベタベタになり過ぎて逆に扱いづらいです。

なので、適量をしっかり守ってください。

 

もう一回言いますが、

男の方は、1~2滴ヘアオイルをプッシュするだけで十分効果を発揮します!

 

ヘアオイルのつけ方は、こちらの動画で詳しく解説しているのでご覧下さい。






ドライヤーで乾かす

ヘアオイルをつけた後は、最後にドライヤーでしっかり髪を乾かしましょう。

髪が濡れたままだと髪にダメージを与えてしまうので、冒頭でも伝えましたが自然乾燥はダメです。

男の方は女の方に比べて髪が短いし直ぐ乾くので、シャンプー後は毎回ドライヤーで乾かして下さい。

それでは、ドライヤーでの乾かし方について説明していきますが、とても作業は簡単です。

【ドライヤーでの乾かし方】

  1. つむじ周りから乾かす
  2. 髪全体を乾かす
  3. 髪を手の平で押さえて風をあてる

それぞれについて、具体的に説明します。

1.つむじ周りから乾かす

まずは、クシを使ってつむじの位置を確認 & クシでかき分けた後は、つむじ周りからドライヤー(強風モード)で乾かしていきます。

乾かす時は、ドライヤーを持っていない反対の手を上下左右に振りながら乾かして下さい。

2.髪全体を乾かす

つむじ周りが8割くらい乾いたら、髪全体(前髪,サイド,バック)を乾かします。

この時も、ドライヤーは強風モードで先程と同様にドライヤーを持っていない反対の手を上下左右に振って乾かしましょう。

こちらも全体的に髪が8割くらい乾けばOKです。

3.髪を手の平で押さえて風をあてる

最後は、髪のボリュームを抑える為の仕上げのやり方です。

8割程度全体が乾いたら、全体的に髪を手の平で押さえながらドライヤー(低風モード)を上から当てて完全に髪を乾かして下さい。

この時に、ドライヤーを髪の下からあてると、髪に変なクセがついてボサボサに仕上がってしまうので、必ず髪を手で押さえてドライヤーは上から当てて仕上げて下さい

ドライヤーでの乾かし方は、こちらの動画で詳しく解説しているのでご覧下さい。






はい、完成です!

  1. タオルドライをする
  2. ヘアオイルをつける
  3. ドライヤーで乾かす

以上、各手順の具体的なやり方について説明してきましたが、作業的にはとても簡単なので、是非シャンプー後に実践して下さい!

仕上がりが変わります^^

まとめ

今回は、ドライヤーの仕上がりに悩みを抱えている男の方向けに、「男の髪の乾かし方」について詳しく紹介してきました。

簡単にまとめると、

◎最適な髪の乾かし方は、以下の3つの手順です。

  1. タオルドライをする
  2. ヘアオイルをつける
  3. ドライヤーで乾かす

◎各手順の具体的なやり方

1.タオルドライをする

①タオルを髪に被せ手の平全体でタオルを軽く押えて水分を染み込ませる

②指の腹を使ってマッサージするように優しく拭く

2.ヘアオイルのつける

①髪をクシでとかす

②適量のヘアオイルを手の平に付ける

③まんべんなく手の平全体に伸ばす

④髪全体にムラなく馴染ませる

3.ドライヤーで乾かす

①つむじ周りから乾かす

②髪全体を乾かす

③髪を手の平で押さえて風をあてる

以上が今回の記事の全てになりますが、シャンプー後に乾かした髪の仕上がりがボサボサでごわっとしていたら、「はぁ…」ってなりますよね。

でも今回紹介したやり方を実践すると、いつものあなたの髪の仕上がりが変わりますよ!

とても簡単なやり方なので、是非実践して思い通りの髪の仕上がりを手に入れて下さい^^

<スポンサーリンク>