ハロウィンの起源あなたは知ってる?人々が恐怖に怯えた真相とは?!

ハロウィンの起源あなたは知ってる?人々が恐怖に怯えた真相とは?!

今では大人気となっている、ハロウィン!

一年に一度の大イベントです。

そんな待ちに待った季節が、間もなくやってきますね!

 

今は日本各地、いや世界各地でハロウィンの日を待ち望んでいる人達が多いのは、間違いありません。

我が家も、子供とワクワクしながらその日を待ち望んでいます!

 

そんな大イベントのハロウィンですが、なぜこんなにも世の中に知れ渡ったのか、あなたはご存じでしょうか?

たぶん、ハロウィンに参加する人たちの中でも、何でハロウィンがやられるようになったのか起源を知っている方って、あまり居ないのではないだろうか。

ちなみに、私は子供に質問されるまで知りませんでした・・・。

 

しかしながら、折角ハロウィンに参加するのであれば、起源となった出来事を知っておいて損はありません。

むしろ、知っている事で友達と共有し合い、もっともっとハロウィンというイベントを楽しむ事ができます!

 

そこで今回は、ハロウィンについて

 

・起源ってな~んだ?

・何で仮装するようになったの?

・何でカボチャ?

3つについて紹介していきます!
<スポンサーリンク>


起源てな~んだ?

 

ハロウィンの起源

 

ハロウィンがなぜ世の中に普及したのか、その真相をあばいていきましょう。

 

そもそもハロウィンの日っていつなのかと言うと、10月31日です!

 

ハロウィンの始まりは、今からず~っと前の、遡ること2000年以上前!

古代ケルト人(ヨーロッパ)の収穫祭が、起源だと考えられています。

 

なんとなく、日本が発祥の地では無いとは思っていたんですが、ヨーロッパが発祥の地なんです。前までは勝手にアメリカとかだと私は思っていました。

 

なぜ10月31日という日に収穫祭が行われていたのか?

 

それは、ケルト人の1年の終わりが10月31日(いわゆる大晦日ですね)だったからで、この日の夜に収穫祭を行い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いの行事を行っていたのが発端。

この日は、この世と霊界との間にある扉が開かれ、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。

 

それと同時に、悪霊や魔物たちも霊界から一緒に降りて来ると恐れられており、自分達の身を守る為に、仮面を被ったり焚き火をしたりしていたみたいですね。

 

では、一体誰がヨーロッパから世界に広めたのか?

 

10月31日の収穫祭も2000年も前から始まった出来事なので、やはり月日が流れるうちに薄れ始めます。特にイングランド南部では17世紀以降廃れてしまっていたんですが、一方でスコットランドやアイルランドなどでは、根強く残っていたんです。

 

そして19世紀!

 

スコットランド・アイルランドから大量の移民がアメリカに到達した事がきっかけで、徐々にアメリカ国内にハロウィンが浸透されていき、キリスト教の諸聖人の日(日本でいうお盆みたいなもの)として、広く世間に受け入れられるようになっていきました。

 

そして現在、多くの英語圏などに拡散され盛大に楽しまれるイベントになったんです!

 

日本にいつ頃広まったのか?

 

日本では、1990年代後半から東京ディズニーランドで始まったイベントを筆頭に各地でハロウィンのイベントが増えていきます。

更に、2000年代後半からお菓子メーカーが相次いでハロウィン商戦に参入しだし、2010年代中盤からソーシャルメディアで一気に拡散され、日本国内でもハロウィンが盛大に祝われるようになりました!

 

なので、ハロウィンは昔から日本で祝われていたわけではないんです!

最近有名になったイベントだと言えます!!

では、なぜ人々は仮装するようになったのでしょうか?
<スポンサーリンク>


何で仮装するようになったの?

 

なんで仮装するの?

先ほど少し答えを書いてしまっていましたが、

 

そうです! 悪霊や魔物がキーマンです!!

 

一説は、これら悪霊たちが霊界から降りてきて人々をあの世へ連れて行こうと悪さする為、

身を守る為に仮面などを被って変装し、悪霊たちに自分たちは仲間だと思わせていたという説や、霊界から降りてきた悪霊たちに、人間の怖い姿を見せることで近づかせなかったという説もあります。

 

仮面が、現在の仮装の原点とも言えます!

 

これらの事が現代まで受け継がれ、ハロウィンの時は、幽霊や魔女、ゾンビなどの怖いキャラクターに仮装をする人が多いという訳なんです!

 

しかし近年アメリカでは、人気の漫画や映画のキャラクターに仮装する人も増えているみたいで、怖いジャンルの殻がどんどん破られてきています。

 

なので、これからハロウィンデビューするという人や毎年仮装をしている人も、自分がなりたいものに仮装してみるのも、有りだと思いますよ!

 

更にハロウィンと言えば、仮装する事と肩を並べるくらい有名なのがカボチャですね!

 

何でカボチャ?

 

何でかぼちゃ?

 

ハロウィンと言えば、カボチャ!

というのは分かりますが、そもそもなぜカボチャ何でしょうか?

 

元々ヨーロッパでは、「カボチャ」ではなく「カブ」が使われていました。

収穫祭の時は、カブの中身をくり抜いてランタンを作り、魔除けとして飾られていたんです。

これが、アメリカに伝わった際に、当時沢山獲れていたカボチャに変身。

 

それ以降、ハロウィンといえば上の写真のように顔がくり抜かれたカボチャというイメージが強くなっていったんですが、発祥の地であるヨーロッパでは、今でもカブを使っているみたいですね!

 

そして、このハロウィンで使っているカボチャたちにも、ちゃんと名前があるんです。

 

その名は「ジャック・オー・ランタン」

 

なんだかかっこ良い響きに感じますが、日本語にすると、「つり下げ式のランプを持っている男」 という意味です。

一度は聞いた事がある方もいらっしゃるかもしれませんね。

「ジャック・オー・ランタン」については、こちらの記事に詳しく書いてますので合わせて御覧下さい。

・「[恐怖]ハロウィンの仮装昔は超怖過ぎた?身の毛もよだつ仮装とは?

 

まとめ

 

○ハロウィンの起源は、今から2000年以上前で古代ケルト人が1年の終わりである10月31日の夜に収穫祭を行い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いの行事を行っていたのが発端とされています!

 

○なぜハロウィンの日に仮装するようになったのかというと、一説は霊界から降りてきた悪霊たちに仮面を被って仲間だと意識させたり、もう一説は仮面を被って人間の怖い姿を見せることで悪霊たちを近づかせないようにしたとされていて、仮面が今の仮装へと変わりました。

 

○なぜハロウィンの日にカボチャが使われているのかというと、元々ケルト人はカブを使って魔除けとして飾られていたんですが、ヨーロッパからアメリカに伝わった際に、当時沢山獲れていたカボチャへと変わり、今に至っています!

 

以上が、ハロウィンについての紹介です。

皆さんも是非、今年のハロウィンイベントに参加してみては如何でしょうか!
<スポンサーリンク>


もしよろしければ、ポチお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村